祈りの詩集

 

 

 

 

愛する人、大切な国、美しい星々を想い、語る。繰り返される言葉は純化されて祈りに変わっていくのでしょうか。

水を沸騰させて蒸留し、それをまた熱して蒸留することを重ねていく、その際限のない繰り返しのなかで、人の精神は変容していくのです、とある錬金術師は語りました。

 

竹友藻風(1891 – 1954)は神学、英文学を学び、1913年(大正2年)、詩集「祈禱」を刊行しました。詩集には純化された言葉が美しく綴られています。

 

 

 

*

   眠れる人のうへに、
   靜かなる祈禱の雨はふりそそぐ。
   わが部屋に、心のうへに、
   むせびつつ水はしたたる…

   うす⾭の空のかなたには、
   月光の海の底に、
   漾へる森、なびく樹立、
   靜寂の國…

   いかなれば外はしづかに晴れ渡り、
   いかなればわが部屋にのみ雨はふるらむ。

   - 竹友藻風「眠れる人のうへに」-

 

 

 

Comments