美の神に捧ぐ

 

 

 

 

絵は何のために、そして誰のために描くのでしょうか。
美しいもののなかには、必ず真実が含まれていて、絵描きはその美を描くことで人びとに真実を伝え、その魂に明りを灯すのです。

 

 


絵は自分のために描くのではない。
美の神への奉仕として描くのです。
-大野俶嵩-

-松生歩『描くことの源泉へ-発想の源を遡る』より-

 

 

 

Comments